西表の空をパトロール

はいさい!西表島コモレビトリップのまさしです。
本日は「いきもの図鑑」。

西表島のいきものは多種多様。
その中でも人気があるのは『イリオモテヤマネコ』ですよね。
私自身、移住して4年目になるのですが、まだ6回しか見てないのです。
本当はいないんじゃないのか!!?(笑)
見られな過ぎて、自暴自棄になることもあるほど見られないいきものです。

今日はそんなアニマルキングダムな西表のいきものを紹介したいと思います。
ヤマネコではありません!!
表題の通り、空を飛ぶいきもの。そう!鳥です!
そのなかでも人気があるのは『カンムリワシ』です!!

イケメンですね~。
特別天然記念物&絶滅危惧種ⅠA(CR)に指定されています。
サイズは体長55cmほど。
数は定かではありませんが、約500羽くらいと聞いたこともあります。
日本では生息しているのが、ここ西表島とお隣の石垣島だけ。
とっても貴重な鳥ですが、西表島の朝と夕は大体電柱の上で休んでいるので、よく見かける鳥です。
カヤック中上空を飛んでいるときもありますよ~

こんな感じで、鋭い爪でガシッと握って身体を支えています。
この爪で上空から獲物を狙って急降下!と思いきや、、、意外と死肉を食べているんじゃないかとか言われています。

こっちの方言で『あやぱに』と言われています。
石垣と西表をむすぶ高速船の名前にも使われてますね。
地元のゆるキャラ『ぱいーぐる』もカンムリワシがモデルです。

目が合った。意外とかわいいですね~
警戒心はまぁまぁという感じで、素人でも写真は撮りやすい種ですね。
西表島に遊びに来たら、是非固有の種を探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です